BrightOwl Loader Loading

創薬バイオロジー研究者 (主任研究員/研究員) - Japan  

Company managed [?] Still accepting applications

Posted on : 19 September 2017

Project Description

【採用部門名】

リサーチ 中枢疾患創薬ユニット イノベーティブバイオロジー研究所

【職種の目的】

中枢神経疾患に関わる創薬の中で、社内外の最新技術を活用することで化合物の標的パスウェイ・標的を明らかにし、作用機序解明からバイオマーカーへの同定・応用を目的とする職種です。次世代シーケンサーなどのオミックスデータの取得、およびバイオインフォマティクス解析を通じて導き出された仮説を各種実験や社内外との共同研究を活用することで評価し、中枢神経疾患との関連性を示していきます。

【職務内容】

・化合物の標的パスウェイの同定、作用機序解明のためのバイオインフォマティクス解析、およびin vitro実験の計画、立案。

・作用機序解明に向けた幅広いデータの正確かつ緻密なデータ解釈。

・上記目的を達成するための社内外の研究者との効果的な共同研究、および新規実験手法・新規インフォマティクス技術の構築。

・社内外の共同研究者に対するタイムリーなレポート作成、および効果的なプレゼンテーション。

【ポジションの魅力】

社内の様々な創薬研究者とコミュニケーションを取りながら協力して研究を進められる他、社外とも強力な共同研究体制を敷き、最新の技術を活用しながら研究を遂行できます。標的パスウェイ・標的同定に向けてウェットとドライを統合させたデータドリブンな戦略を立てることで、創薬プロジェクトを前進させ疾患の理解、および病気に苦しむ患者さんへ貢献することができます。

【登録資格】

◇学歴:必須要件

博士の学位を有する、又は同等の知識、能力を有すると認められる方

◇職務経歴など:必須要件

企業又は大学など研究機関で3年以上の創薬研究又は基礎研究経験を有する方

◇専門性:必須要件

・次世代シーケンサーを使った解析経験

・細胞生物学・分子生物学の知識・経験

・ソフトウェアを利用したバイオインフォマティクス解析、次世代シーケンスデータのマッピングや発現解析、パスウェイ解析の経験 (プログラミングの経験があればなお可)

◇専門性:望ましい要件

・創薬研究の知識・経験

・ケミカルプロテオミクスの知識・経験

◇言語:必須要件

日本語および英語 (TOEIC 730点以上を目安)による意思疎通、文章作成

【雇用形態】

正社員

【勤務地】

神奈川県藤沢市

【待遇】

・諸手当:通勤交通費、借家補助費、時間外手当など

・昇給・賞与: 昇給 原則年1回 賞与 年2

・勤務時間: 本社(大阪・東京)9001730 / 工場(大阪・山口)8001645 / 研究所(神奈川)9001745

・休日:土曜、日曜、祝日、メーデー、年末年始など(年間123日程度)

・休暇: 年次有給休暇、特別有給休暇、リフレッシュ休暇、産前産後休暇、育児休暇、子の看護休暇、介護休暇、フィランソロピー休職制度


Schedule
Full-time