BrightOwl Loader Loading

細胞・分子毒性学専門家/ Cell/Molecular Toxicology Specialist - Japan  

Company managed [?] Still accepting applications

Posted on : 22 October 2017

Project Description

【採用部門名】

薬剤安全性研究所

【職種の目的・内容】

探索段階での創薬研究プロジェクトにおいて肝毒性、心循環毒性およびその他重篤な毒性に対する新規評価系を導入するための戦略を立てる。

さらに、探索プロジェクトにおいて肝毒性リスクを低減したパイプラインを創出するために最新技術を駆使した評価系を構築し実用化する。

グローバルな安全性組織の一員として海外サイトのglobal investigative teamを支援する。



【Objective and Accountabilities】

Provide strategic direction to important toxicity testing such as hepato-/ cardiovascular-/immuno- toxicity strategy in early drug discovery projects
Develop, implement, execute, and analyze start of the art approaches to de-risk liver toxicity in the early drug discovery pipeline.
Work as part of a global investigative team to support


【登録資格】

◇学歴:

必須要件)  分子薬理学分野における博士(Cell/Molecular biology)
望ましい要件)ポスドクや企業での研究経験がある。

◇職務経験等:必須要件
  臓器疾患または薬物による臓器毒性研究の研究経験を有する。

◇専門性:必須要件として次のうち2つ以上を満たすこと
  細胞/分子生物学実験のスキル、細胞評価、遺伝子解析、分生物学的評価、薬理・毒性作用等の評価構築。

◇語学
  日本語(ネイティブ)、英語(ビジネスレベル)


【雇用形態】

正社員

【勤務地】

神奈川県藤沢市

【待遇】

・諸手当:通勤交通費、借家補助費、時間外手当など

・昇給・賞与: 昇給 原則年1回 賞与 年2

・勤務時間: 本社(大阪・東京)9001730 / 工場(大阪・山口)8001645 / 研究所(神奈川)9001745

・休日:土曜、日曜、祝日、メーデー、年末年始など(年間123日程度)

・休暇: 年次有給休暇、特別有給休暇、リフレッシュ休暇、産前産後休暇、育児休暇、子の看護休暇、介護休暇、フィランソロピー休職制度

【Education, Experience and Skills】 

·   Require PhD in the area of molecular pharmacology

·   Desire experience of postdoctoral research or working at the company in molecular pharmacology with an emphasis on cell/molecular liver biology and the effect of agents on liver health.

·   Require experiences of investigation for organ/tissue disease or drug induced injury.

·   Require over 2 items from the followings; Lab based experimental skills to develop, implement, perform, and analyze cell, molecular, genetic, pharmacological, and toxicological endpoints.   


■Language: Japanese (Native), English (Business level)  


Schedule
Full-time